トップページ >  年代別のしわケア方法 >  30代のしわ対策

30代のしわ対策はここがポイント!

目尻の小じわ対策

30代のしわの悩みで最も多いのが、目尻の小じわです。目元は皮膚がとても薄いので、年齢とともに肌の水分量が低下しやすくなります。そうすると、乾燥による小じわが目立ってきます。水分量が低下し始める30代は目元の保湿ケアがポイントとなってきます。

口元の小じわ対策

30代になると口元にも細かいしわができてしまうことがあります。口元は会話などでよく動かすことが多いので、乾燥しているとしわができやすくなります。細かいしわでも口を動かすたびに徐々にしわが固定化されてしまうので、乾燥させないことが重要となってきます。

顔全体のハリ不足対策

30代の中盤にさしかかると、20代の頃に比べて顔全体にハリがなくなってきたと感じることが多くなってくるのではないでしょうか。ハリがなくなるということはそれだけ皮膚が緩んできますので、しわができやすくなります。従ってハリを与えるケアが必須となります。

30代のしわ対策に効果的な化粧品選びのポイント

30代のしわ対策にはこんな化粧品がおすすめ!
 角質層をしっかりと保湿してくれるもの
⇒ 30代の方が最も悩んでいる小じわ対策に欠かせないのが、角質層の保湿ケアです。角質層の保湿に一番効果的なのがセラミドです。ですから、セラミドがたっぷりと配合された化粧品を選ぶということが大事なポイントとなります。
 肌の保湿効果をキープしてくれるもの
⇒ よく動かす口元などしわができやすいところは保湿効果をできる限りキープさせることが重要となります。保湿効果をキープさせるのに重要となってくるのが、コラーゲンです。ですから、コラーゲンがたっぷりと配合された化粧品を選ぶことが重要なポイントとなります。
 肌にハリを与えてくれるもの
⇒ 肌にハリを与えてくれる成分としておすすめなのが、アスタキサンチンです。アスタキサンチンはコエンザイムQ10の1000倍のパワーを持つといわれているので、肌にハリを与える成分として、ぜひスキンケアに取り入れたい成分です。

30代のしわ対策に最もおすすめの化粧品は?

30代には「アスタリフト」がおすすめ!

セラミドで角質層をしっかりと保湿できる
⇒ アスタリフトには「Wヒト型ナノセラミド」が配合されています。このセラミドはヒト型ナノセラミドとヒト型ナノアシルセラミドを組み合わせた成分です。この2つのセラミドをナノ化することで浸透力を高めているところが、角質層の保湿に大いに役立つポイントです。
3種のコラーゲンで保湿をキープ
⇒ 水溶性コラーゲン・浸透性コラーゲン・ピココラーゲンという3つのコラーゲンを配合しています。水溶性コラーゲンが肌の表面、浸透性コラーゲンが角質層の上部、ピココラーゲンが角質層の深部にそれぞれ浸透し、保湿効果を長時間キープしてくれます。3つのコラーゲンが層をなして保湿するので、保湿効果をより長くキープすることができるのです。
アスタキサンチンで肌のハリをアップ
⇒ 肌のハリを高めてくれるアスタキサンチンを高濃度で配合しています。中身を手に取ると赤みがかっているのが、アスタキサンチン高濃度配合の何よりの証拠です(アスタキサンチンは赤色)。しかも、アスタキサンチンをナノ化して配合しているので、肌にしっかりと浸透し、肌のハリアップを強力にサポートしてくれます。

30代のしわ対策に必要な成分をすべて配合しているだけでなく、ナノ化と高配合しているところがアスタリフトの魅力!
30代でしわの悩みをお持ち方におすすめの化粧品をご紹介しています。目尻の小じわや口元のしわなどしわに関する悩みが出始める30代はどんな化粧品でケアするべきなのかを詳しく解説しています。どんな成分が配合されているものを選ぶべきなのかをご紹介していますので、ぜひ参考にしてきてください。